急なお葬式、子どもはどうするか

どうしても急に連絡が入ってくるのがお葬式です。親しく付き合ってきた人や、会社の同僚など自分自身がどうしても参列したいと思う人の場合、小さな子どもなどを連れて一緒に参列してもいいのでしょうか。

実際に小さな子供を連れて参列する人もいますが、子どもにとってはお葬式は退屈なものでしかありません。自分が面識のない人の場合何が起こっているのかもわからない事が多いです。お葬式の場で暴れたり、大きな声を出して騒いでしまう事もあるでしょう。そうなると、遺族の人はもちろん、周りの人にも迷惑をかける事になるので、そうならないためにも小さな子どもがいる場合は、実家に預けて連れて行かない選択をする事も大切です。それが無理な場合は一緒に参列しても、お焼香だけしてすぐにその場を後にするなど長居をしないで、お悔やみの言葉を伝えて帰ってくるようにしましょう。

また、近しい親族のお葬式の場合は自分だけ退席や参列しないというわけにはいかない事もあります。その場合は、嫁いだ先なら途中退席しやすい場所に座って子どもがぐずったらすぐに外に出るなど、なるべく早く対応ができるように配慮するようにしましょう。

祖父母や叔父叔母など自分の事をかわいがってくれた人のお葬式には、その子どもを一緒に参列させて命の大切さなどを共に学ぶ機会にする事もできます。お葬式には子どもは連れていかないと決めるのではなく、子どもとのつながりで参列するかどうかを判断するようにします。お葬式に子どもが参列する事が悪いことなのではなく、参列する場合は一緒に行く親がしっかりと子どもを見る事はもちろん、子どもが我慢できる範囲での参列が鉄則です。