お葬式ではどこまで参加するのか

お葬式の流れを頭の中に入れておくことで、自分がどこまで参列するべきなのかも判断するときの材料となります。お葬式に参加した場合、どの流れまで自分が参加すべきなのかという点です。告別式が終了したあとは火葬場へと親族は移動しますが、ここで難しいのが親族であってもつながりがそこまで濃くない場合は、遠慮するべきなのかという点で迷ってしまう事も多いでしょう。

この場合、促されるままについて行く事も多いと思いますが、火葬場のあとはお骨上げなどもあります。そうなると、小さな子どもを連れている人などは、一緒に参加するのが難しい事もあります。そのため親族の方と一緒に誘われても、小さな子どもがいる事を理由に遠慮するなどの配慮も必要です。

火葬については、小さな子どもには少し難しい事でもあります。上手に説明して理解できる年齢であれば一緒に行くことも良いですが、あまり深い付き合いではなかった場合は、無理に参加しない事も大切です。

自分では言い出しづらい時などは事前に年長者の方に声をかけておくなどをして、途中退席しやすいようにしておきましょう。喪主の方に声をかけるべきか迷ってしまいますが、喪主の人は忙しく動いているだけでなくこれから火葬を行うという大切な時間に余計な気を使わせてしまう事にもなりなねません。その場で自分の意向をつたえるのではなく、なるべく早い段階で年長者の方に話を通しておく事が大切です。特に嫁ぎ先などで、あまり顔見知りでない親戚同士の場合は姑に話をしておくなど、自分でも周りに配慮して動く事がお葬式の中で大切です。